女とセックスやりまくる口説きのポイント

男と女は動物のなかで唯一、年中発情している

セックスは、男と女は快楽のため、
人間以外の動物は子孫のために行う。

 

なぜ人間だけが年中発情するのか。

 

 

人間は進化の過程で、他の動物と違うものを手に入れた。男は他の動物よりも大きいペニス、女は豊満なバスト、また、セックスの体位が他の動物がマウンテンだけに対し対面が可能になりいろんな体位ができるようになった。
そして、直立二足のために脳が発達し巨大化した。

 

その脳が大きくなったおかげで、本能的な快感が”快楽”のレベルに達した。

 

男と女の性は両足の間ではなく、両耳の間である。
欲情し、セックスし、快楽に酔うのは、からだではなく実は脳である。

 

快楽を知ってしまった男と女は年中セックスを求めるようになった。


言葉を操れる男は、セックスのために口説いた

男と女は対面でセックスしながら、
相手の表情が見える。

 

他の動物は、セックスのときに相手の顔が見えない。

 

 

男と女は顔の表情を変えることで、気持ちや感情を表現し、伝えあうことができるようになった。向き合い、たがいの目を見ながら、口説くようになった。

 

「する」「しない」という単純な言葉だけでなく。相手と合意を得るためにいろんな言葉を使うようになった。

 

相手へ刺激的な言葉で、脳が酔えばセックスは簡単である。


世の中に、なぜ男と女がいるのか

人はなぜ恋愛に喜びを感じるのでしょうか。それはすべて、自分と言う人間が、この世界で成長していくためです。
精神分析の祖、フロイトは、人間のエネルギーの根源は 性欲衝動にあるといいました。 故に、性欲、セックスも大切なのです。男女関係も、やはり人間関係です。 人間関係は、とても難しくてやっかいな面があります。 男女の関係は、その人間関係においてもさらに難しい 関係といえるでしょう それは、男と女は全く別の生き物といっていいくらいに違うからです。