女とセックスやりまくる口説きのポイント

人の祖先は猿である

人の祖先は猿です。人と猿が違いのひとつにセックスがあります。猿の交尾は生殖のためのみに行われます。
猿には発情期があり、その時期だけ交尾します。そして、効率よく子孫を作っています。それに対して、人は排卵期や季節に関係なく、いつでも発情しています。それもいろいろと労力かけて時間をかけてセックスをします。子孫を避妊してまでもするには、人には人の進化があったのです。

猿の欲求行動

本来動物の世界では、強いものと交尾することによって子孫を増やしてきた。
人の祖先である猿の世界を観てみると群れをつくり、一匹のボス猿が全てのメス猿と交尾して、子孫を残しているわけではないことがわかっている。ボス猿は強いわけですが、群れにいる子猿は全てボス猿の子でないとおかしいわけですが違うのです。ということはメス猿は、ボス猿だけを相手にしているわけでないということです。このメス猿の行為は人間でいえば、不倫である。しかし、人の祖先の猿はいろんな雑種を入れながら繁殖してきた。
メス猿は、子孫繁栄のためにいろんなオスと交尾するのである。

人の欲求行動

前述に人の祖先の猿の記述でしたが、それでは人はどうか。
男がいて女がいる。男と女は本来好きになるようにできている。自分に特定の相手がいても、他の異性に気が移るのは当然のこととなのだ。
動物にとって、交尾は子孫を残すため、人にとってセックスは子孫を残すだけではなく愛と快楽のためである。だから避妊までしてセックスをするのである。なぜ動物と人とは違うのか。人には発情期がないからだと言われている。
男と女には、子孫繁栄ため性から解放されて、愛と快楽のための性を欲求いるようにできている。

人は体全体で性をアピール

猿のメスには発情期になると尻の性皮をふくらませてフェロモンを放出する。これに対し人の女性は、豊満な乳房、唇、なめらかな肌、また曲線美とセクシーさを全身に持っている。また、猿のオスは、小さいペニスしか持っていない、人の男性のペニスはその何倍も大きい。体のメカニズムを見ても全てが性欲を掻き立てられる構造になっている。